令和2年国勢調査について

日本の今を知り、未来をつくるための大切な調査です

 国勢調査は、日本に住む全ての人と世帯を対象とする国の最も基本的で重要な統計調査で、人口や世帯の実態を明らかにすることを目的に、5年ごとに実施しています。
 大正9年(1920年)の第1回調査から数えて21回目となる今回は、100年目の節目の調査となります。
 調査の結果は、国や地方公共団体が行う様々な取組の基礎資料として使われるほか、各分野の研究・教育活動や民間の経済活動など、幅広く利用されます。
 皆様のご協力をよろしくお願いします。

令和2年国勢調査の概要

1 調査の期日 令和2年10月1日現在
2 調査の対象 日本にふだん住んでいる全ての人(外国人を含む)及び世帯
3 調査事項
①世帯員に関する事項(次の15項目)
・氏名 ・性別 ・出生年月 ・世帯主との続柄 ・配偶者の有無 ・国籍 ・現在の住居での居住期間 ・5年前の住居の所在地 ・在学、卒業等教育の状況 ・就業状況 ・所属の事業所または事業主の名称 ・仕事の種類 ・本人の仕事の内容 ・従業地又は通学地 ・従業地又は通学地までの利用交通手段
②世帯に関する事項(次の4項目)
・世帯の種類 ・世帯員の数 ・住居の種類 ・住宅の建て方
 

調査の流れ

9/14(月)~ 調査書類の配布 
 9月14日(月曜日)から、国が任命した調査員が調査区内の世帯を訪問し、世帯主名、世帯員の人員数を確認しながら調査票を配布します。
9/14(月)~10/7(水) 調査回答期間 
 調査の回答は、できる限りインターネットでお願いします。ご自宅に調査票が届いたら、回答サイトにアクセスし、画面の案内にそって期間内に回答をお願いします。(インターネット回答サイトは関連リンクからお進みください。)
 インターネットでの回答が難しい場合は、届いた調査票(紙)に記入して回答をお願いします。記入した調査票は、郵送いただくか、担当の調査員に提出をお願いします。
10/8(木)~10/20(火) 回答未確認世帯への訪問
 10月7日(水曜日)までに調査の回答が確認できない世帯に、調査員が回答の確認のため訪問します。 

国勢調査の守秘義務と報告義務

 国勢調査は、「統計法」に基づいて実施され、調査対象者が安心して事実をありのまま回答できるように、統計調査に携わる者に厳格な守秘義務を課しています。
また、調査対象者には、報告義務と、報告を拒んだり虚偽の報告をした場合の罰則が規定されています。

令和2年国勢調査の特徴

 新型コロナウイルスの感染防止の観点から、調査員が世帯訪問の際に、直接接触しない「非接触型」の調査となります。
インターホンのある世帯には、インターホン越しでの聞き取りを行い、調査票は郵便受けに入れるなど、できる限り世帯との接触を控えて調査を行います。
調査員が調査票を直接回収する場合も、最初の訪問で回収を依頼された世帯のみ再訪問し、できる限りインターネットでの回答か郵送での提出をお願いします。