新型コロナウイルス感染拡大による市内公共施設の利用休止等について

この記事は、[2020-05-08 9:15]に更新しました。
県内で相次いで新型コロナウイルス感染者が確認されたことに伴い、感染拡大防止の為当面の間、一部の公共施設の利用を休止します。
大変残念ではございますが、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

利用を休止する施設

  • シェルターなんようホール(南陽市文化会館)の全館(※ただし、窓口業務(チケット業務等)は行います。)は当面の間休止。
  • 市内体育施設(南陽市民体育館(多目的広場を含む)、赤湯市民体育館、沖郷体育館、武道館、向山公園(野球場・ソフトボール場)、総合公園、ライフル射撃場)、南陽スカイパークは当面の間休止。
  • 市内教育施設(市立図書館、結城豊太郎記念館、夕鶴の里)は当面の間休止。
  • 南陽市勤労者総合福祉センター(ワトワセンター南陽)、南陽市交流プラザ「蔵楽」は当面の間休止。
  • 赤湯温泉観光センター ゆーなびからころ館は当面の間休止。
  • 各地区公民館及び学校体育館等の一般開放は当面の間休止。
  • 子育て支援センター(赤湯、宮内、沖郷)は当面の間休止。
  • 健康長寿センター、老人いこいの家、吉野ふれあいプラザは当面の間休止。(福祉バスも当面の間休止)
※施設ごとの具体的な対応については各施設へお問い合わせください。

地区主催のイベント等について

5月中の集会・イベント等は自粛を要請します。
ただし、やむを得ない事情により中止や延期をすることが困難な場合は、次の【3つの条件】が重ならないような回避策を十分検討してください
  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 多くの人が密集
  3. 近距離での会話や発声