南陽市文化会館

bunkakaikan

 地元の豊かな森の恵みを生かし、全国初となる大型木造耐火の文化ホール「南陽市文化会館」が、いよいよ2015年10月にオープンします。
 南陽産スギ材の積極的な活用が図られる国内最先端の耐火木造技術、地震に強く安全性の高い耐震構造を採用し、災害時には市役所と連携した防災拠点としての役割を果たします。また、持続可能な社会を目指して、太陽光発電や木質バイオマス等の再生可能エネルギーの積極活用、省エネルギー効果の高いLED照明や次世代の有機EL照明を導入した南陽市エコタウン構想の先駆的モデル施設でもあります。
 メインの大ホールは、「静けさと美しい響き」をコンセプトに最大1403人を収容。広さ400㎡の平土間型小ホールは、室内楽の演奏会から講演会まで、多目的な利用が可能な最大500席の中型ホールです。
 2つの個性的なホールと市民の皆さんの文化活動や生涯学習を支える他の各種施設との連携を図りながら、南陽市文化会館を拠点にした更なる文化交流と芸術文化の創造発展を目指します。