日赤山形県支部より災害時用ワンタッチテントが交付されました

6月14日(火)、日本赤十字社山形県支部より災害救護活動用の器材として
ワンタッチテントの交付式が行われました。
 
この度交付されましたワンタッチテントは、組立作業が簡単であり、また幕で
四方を囲うことができるため、災害時には炊き出しや救護活動に活躍する欠かせない器材です。
 
日赤県支部の白田事務局長からは「災害時だけとは限らず、防災訓練や各種イベントでも
使っていただき、いろんな方に使い方を知っていただきたい」とお言葉をいただきました。
 
白岩市長からは、「社会情勢や自然災害において、いつ何が起こるかわからない現在、市民の
安心安全のため、日本赤十字社の皆様とともに様々なことに取り組んでいきたい」と感謝の意が
伝えられました。
 
今後、市や地域の事業やイベント等でも活用させていただきたいと思います。

(更新日:令和4年6月14日)