ドーン国際交流員が退任します

 2017年10月にホストタウン推進員として着任し、翌年7月から国際交流員を務めてきた、ドーン国際交流員が、8月末で退任します。
 遠くはなれたカリブ海の島国バルバドスと、南陽市の懸け橋として、国際交流に尽力していただきました。
 8月20日に、市長に退任挨拶を行い、南陽市での3年11ヶ月を振り返りました。

 文化の違いなどによって生じる誤解や、意見の違いを、両国の常識を考えながら折り合いをつけるの苦労した部分もあったけれども、お互いを理解しようとしながら、協力して素晴らしい友好関係を作り上げて行く姿を見て、国際理解・国際理解の需要さがわかった気がする、南陽市の皆さんがバルバドスに少しでも親近感を感じてくれたなら、それだけで胸がいっぱいになると話してくれました。
 今までどうもありがとうございました。
 ドーンさんの今後のご活躍をお祈り申し上げます。