就園奨励費補助金・子育て支援事業補助金(私立幼稚園)

保護者の負担軽減を図ります

  市では、私立幼稚園に通う子どもがいる家庭の経済的負担を軽減するため、国や県の制度を活用し、補助金を交付しています。
 市から交付する補助金には、以下の2つがあります。いずれも、市が私立幼稚園に補助金を交付することにより、入園料や保育料が減免(還付)される仕組みとなっています。補助金交付の対象となるのは、原則として市内に住所がある方に限られます。

1 私立幼稚園就園奨励費補助金
   私立幼稚園が、下記の条件※1に該当する世帯の保育料や入園料を減免する場合に、市が私立幼稚園に対し補助金を交付します。

※1交付対象を判定するうえで、所得の制限が設けられています。また、所得状況に応じた補助金額を設定するとともに、多子世帯が優遇されるようになっています。
 

 補助金限度額(年額)

 

階層区分

 子どもの兄弟姉妹の順位区分

第1子

第2子

第3子以降

1

生活保護世帯

308,000円

2

 

市民税非課税世帯、市民税所得割非課税世帯

272,000円

  308,000円

 

うち「ひとり親世帯等」
308,000円

3

 

市民税所得割税額が下記「ア」以下の世帯 

139,200円

223,000円

308,000円

 

うち「ひとり親世帯等」
272,000円

 

うち「ひとり親世帯等」
308,000円

4

市民税所得割税額が下記「イ」以下の世帯

  62,200円

185,000円

308,000円

 上記以外の世帯

 ―

  154,000円

 308,000円

ア=34,500円+16歳未満の扶養親族の数×21,300円+16歳〜19歳未満扶養親族の数×11,100円
イ=171,600円+16歳未満の扶養親族の数×19,800円+16歳〜19歳未満扶養親族の数×7,200円

上表中「ひとり親世帯等」とは、母子(父子)家庭の場合又は生活保護受給、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持、特別児童扶養手当・障害基礎年金受給の方が同じ世帯にいる場合です。

※兄弟姉妹の順位は、次の区分により判定します。
 ・第Ⅲ階層以下 ⇒ 兄又は姉の年齢に関わらず、その数に応じて判定する。
 ・第Ⅳ階層以上 ⇒ 小学校3年生までの兄又は姉の数に応じて判定する。
   ※兄又は姉が、保護者と生計を一にする場合に限る。

2 私立幼稚園子育て支援事業(にこにこ子育て支援事業)費補助金
  私立幼稚園が、複数の園児が就園している世帯の、2人目以降の保育料を減免する場合に交付する補助金です。補助金の額は以下の算式により算定します。
   {(2人目保育料総額-2人目就園奨励費補助金額)×2分の1} 
       + {(3人目以降保育料総額-3人目以降就園奨励費補助金総額)×10分の10}
※所得制限はありません。
※保育料総額の上限は、月額21,000円×12ヵ月=252,000円です。
※保育料から差し引く就園奨励費補助金額は、入園料に対し交付された額を除きます。