烏帽子山公園周辺整備計画について


 烏帽子山公園は、平成2年に「さくら名所100選」に選ばれ、平成6年には「置賜さくら回廊」の南の起点に定められるなど、南陽市を代表する桜の名所であり、毎年春にはたくさんの人々が訪れ、賑わいをみせています。

 しかし、近年、桜の過密度植栽や老木化等により樹勢の衰退が進んでおり、対応策の検討・実施が求められています。

 この計画は、歴史ある烏帽子山公園の桜の景観を次世代に引き継ぐため、桜の保全・管理方法と景観の整備について方針を定めたものです。                                  (更新日H30.4月)