平成30年度南陽市通学路危険ブロック塀等撤去支援事業補助金

1 事業概要

  学童をはじめとする通行人の安全を確保し、地震等の倒壊による事故を未然に防止するため、通学路に面するブロック塀等の除却工事を行う方(既に行った方も可)に対し、補助金を交付します。

(1)補助金の算出方法・補助金上限

 

対象工事の内容

通学路に面するブロック塀等(コンクリートブロック造、石造、れんが造その他の組積造による塀及び門柱)を基礎まで含めて解体し撤去する工事、又は、高さを前面の道路面から50センチメートル以下にする工事

注意点 通学路に面しない部分の除却工事は対象になりません。

補助金の額

対象工事費の80%に相当する額、又は、見付面積1平方メートル当り8千円を乗じた額のいずれか少ない方

注意点 撤去する部分の見付面積が対象です。補助金の額は、千円未満の端数を切り捨てた額とします。

補助金上限

20万円

 
(2)要件

 

ア 補助金の対象となるブロック塀等(以下の全てに該当すること)

道路面からの高さが1メートル(基礎及び擁壁を含む。)を超えるもの
ただし、擁壁上に設置してあるブロックはブロック部分が60cmを超えるものが対象

道路に面する部分全てを除却(基礎まで全て撤去又は高さを50cm以下に撤去)するもの

ブロック塀等の除却後に再設置の必要がある場合は、生垣、フェンス、板塀等で施行し、地震等の自然災害時に、倒壊等に対し安全なものにすること。(再度ブロック塀等にしない)

 注意点 ブロック塀等の撤去に関する部分が対象となります。平成30年6月17日以前に実施した工事は、対象になりませんのでご注意ください。

 

イ 補助金の交付対象者(以下の全てに該当すること)

ブロック塀等の所有者又はその親族の方(所有者の同意を得られる方)

 除却工事は市内事業者と工事請負契約のうえ実施する方

  当該ブロック塀等について公共事業による物件移転補償を受けない

平成31年3月19日火曜日までに所定の完了届を提出できる方

 市税等の滞納のない方


 (3)その他の要件等

・申請は1住宅(敷地)につき1回に限ります。
・門柱は、頂部を除く表面積の2分の1を見付面積とします。


2 提出書類と手続きの流れ


(1)手続きの流れ(このページからダウンロードできるパンフレットもご覧ください)
 
申込みから補助金受領までの手続の流れは次のようになります。
【ア】交付申込み ⇒ 交付決定 ⇒ 工事着工・完成 ⇒ 【イ】工事完了届 
⇒ 補助
確定通知 ⇒ 【ウ】補助金請求 ⇒ 補助金受領
ただし、既に完了した方については、上記【ア】から【ウ】を申請時にご提出いただけます。
この場合、日付や交付決定の番号など不明な部分等は空欄で提出ください。


 


(2)提出書類(様式はこのホームページからダウンロードできます)

申請時に提出するもの

平成30年度南陽市通学路危険ブロック塀等撤去支援事業補助金交付申請書

申請日は提出の際ご記入いただきますので空欄でお願いします。
様式は、建設課窓口、市ホームページで入手できます。

納税証明書
※市民課に証明申請

申請者の分(滞納がないことの確認)
1通400円

位置図
改修前後の平面図
改修前後の立面図(求積図)

位置図⇒住宅地図などをコピーし該当住宅に着色したもので可
平面図⇒施工箇所、内容(工種、寸法、数量、仕様等)を図示したもの
立面図(求積図)⇒内容(着工前及び除却完了の基礎高さ、ブロック高さ、延長等)を図示したもの

見積書の写し

対象工事に要する経費(工事内容)を確認できるもの
※対象外の工事を含む場合は対象部分を区別してください。

見積書がない場合は、対象工事に要する経費を確認できる領収書の写しでも可

着工前写真

着工前写真あるとき、または、着工前に申請できるときは、住宅の全体及び工事箇所の分かるものを添付します。
7月31日以前に写真を撮らないで工事に着工した場合など、施工前写真がないときは、業者作成の見積書、領収書、図面等に「施工日」や「対象除却内容」を記載したもので可とします。

その他市長が必要と認める書類

補助要件の確認のためにお願いする場合があります。

 【イ】 完了時に提出するもの
(工事が完了している場合は申請時に同時に提出していただけます。)

 
平成30年度南陽市通学路危険ブロック塀等撤去支援事業完了届

様式は、建設課窓口、市ホームページで入手できます。届出日、指令日、指令番号は提出の際ご記入いただきますので空欄でお願いします。

工事完成写真

施工前に撮影した写真と比較できるように撮影します。50センチメートル以下にした場合は、高さを示した写真(メジャーを当てるなど)など。
(出来形写真〈数量寸法の写真〉と施工中写真は適宜添付してください。)

領収書の写し 当該危険ブロックの除却工事」であることを明示してください。

【ウ】 請求時に提出するもの
(工事が完了している場合は申請時に同時に提出していただけます。)

 
平成30年度南陽市通学路危険ブロック塀等撤去支援事業補助金請求書

様式は、建設課窓口、市ホームページで入手できます。請求日、指令日、指令番号、交付金額は提出の際ご記入いただきますので空欄でお願いします。

振込先通帳の写し

申請者の名義と口座番号が確認できること。
(通帳見開き1ページ目の写し、カードの写しも可) 


(3)申請にあたってのお願いと留意事項
1 訂正時に使用しますので、印鑑をご持参ください。
2 本人以外が住民票、納税証明書を証明申請する場合は、本人からの委任状が必要となります。市のホームページまたは市民課、窓口で入手できます。
  交付申請後に工事金額(契約額)や工事内容の変更がある場合は
変更承認申請が必要となりますのでご注意ください。