エボラ出血熱に係る注意喚起について

 平成30年8月1日、世界保健機関(WHO)から、コンゴ民主共和国北キブ州においてエボラ出血熱が発生したと発表されました。発生地域であるコンゴ民主共和国北キブ州から帰国し、疑わしい症状がある場合には、早期に医療機関を受診し、適切な診断および治療を受けることが重要です。詳しくは、厚生労働省ホームページをご覧ください。