県内で今シーズン最初のインフルエンザの集団発生がありました

県内今シーズン最初のインフルエンザの集団発生事例が、南陽市内で確認されました。
(昨シーズンの県内初の集団発生は令和元年9月18日)
 
概況(令和3年2月8日現在)
施設
全校
児童数
かぜの症状が
ある児童数
左のうち
感染確認児童数
主な症状 その他
沖郷
小学校
402人 25人 14人 発熱(37~39℃)、
頭痛、せき、鼻汁等
2/9~学級閉鎖
(1クラス)

感染拡大防止のため手洗い、せきエチケット、適切なマスク着用、適度な湿度管理を心がけましょう。
また、発熱や咳などの症状がみられた場合は、まず医療機関等に電話相談をし、早めに受診しましょう。

【かかりつけ医療機関がある場合】
 電話で医療機関に受診相談をする。
 ※相談を受けた医療機関で対応できないときは、最寄りの対応医療機関に案内されます。

【かかりつけ医療機関がない場合】
 新型コロナウイルス受診相談コールセンター:☎0120-88-0006(フリーダイヤル)
 受付時間:24時間 (土日祝日も含む)