水痘(水ぼうそう)ワクチン接種について(定期接種)

   平成26年10月1日から、水痘(水ぼうそう)ワクチン接種が定期の予防接種になりました。
   この予防接種は、水痘帯状疱疹ウイルスが原因で起こる、発疹性の病気を予防するものです。この病気は主に小児の病気で、9歳以下での発症が90%を占めると言われています。年間100万人程度が発症し、4,000人程度が入院、20人程度が死亡しています。重症化を防ぐためにもワクチン接種をお願いします。なお、接種の努力義務が生じますので、接種忘れのないようにお願いします。

対象者
   生後12月から生後36月に至るまでの間にある乳幼児
  (1歳の誕生日前日から3歳の誕生日の前日まで)
 
接種回数と間隔


水痘ワクチン

定期接種期間 初回接種 追加接種 合計


生後12月から36月に至るまでの間

 

標準的な接種開始は、生後12月から生後15月までに実施 初回接種から3か月以上の間隔をおく。標準的には6か月から12か月の間隔をおいて2回目を接種する。 2回


 

かんたんQ&A


Q すでに水痘にかかったことのある者は、水痘ワクチンの定期接種を受ける必要はありますか?

A 水痘にかかったことのある方は、水痘に対する免疫を獲得していると考えられ、基本的には水痘の定期接種の対象外となります。

受け方及び注意事項
   事前に委託医療機関に予約のうえ、母子健康手帳と予診票を持参し接種を受けてください。
 南陽市に転入された方や予診票を紛失された方は、母子健康手帳を持参のうえ、すこやか子育て課窓口までお越しください。
   委託医療機関以外での接種希望の方は、事前にすこやか子育て課けん診係にお問い合わせください。