四種混合ワクチン接種について

平成24年11月1日から、四種混合ワクチンの定期接種が開始されました。

   四種混合ワクチンは、ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオの4種類の混合ワクチンです。対象の時期に忘れずに受けましょう。

対象者
   生後3か月から7歳6か月未満(原則として、三種混合ワクチン未接種かつポリオワクチン未接種の方)

接種回数
四種混合ワクチン 接種間隔 標準的な接種時期 予防接種法で定められた対象者
1期初回 1回目 20日以上
(標準的には
20日から56日)

生後3か月から1歳まで

生後3か月から7歳6か月未満

2回目
3回目
1期追加 4回目 初回接種終了後
6か月以上

初回接種終了後、1年から1年6か月後



受け方
   委託医療機関に予約のうえ、接種を受けてください。その際は、母子健康手帳と予診票を必ず持参してください。対象者かつ委託医療機関で接種した場合であれば、費用は全額公費助成します。

(注意)国内臨床研究によって、不活化ポリオワクチン(単独または四種混合)の併用が可能となりましたが、ワクチン需要供給量のバランスが崩れる恐れがあるため、原則として最初に使用した不活化ポリオワクチン(単独または四種混合)を最後まで接種していただくようお願いします。
   なお、不活化ポリオワクチン(単独と四種混合)の併用は、接種スケジュール上、支障がない場合に限ります。