ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン接種について

   平成25年4月1日から、ヒブワクチン及び小児用肺炎球菌ワクチン接種が定期の予防接種になりました。
   この予防接種は、肺炎球菌やHib(ヒブ)といった細菌が原因で起こる、細菌性髄膜炎を予防するものです。この病気にかかるのは、ほとんどが5歳未満の乳幼児で、後遺症が残ったり、ときには命にかかわる場合もあります。病気にかかりやすくなる生後6か月より前に接種を受け始めましょう。

対象者
   生後2か月から5歳未満までの乳幼児
 
接種回数と間隔(1回目の接種開始月齢等によって回数が異なりますのでご注意ください)


ヒブワクチン

接種開始月齢(年齢) 初回接種 追加接種 合計
生後2か月から7か月未満 3回(27日以上、標準的には56日までの間隔)(注1) 初回接種終了後7か月以上、標準的には7か月から13か月あけて1回 4回
生後7か月から12か月未満 2回(27日以上、標準的には56日までの間隔)(注1) 3回
1歳から5歳未満 1回で終了

    (注1)初回接種は1歳になるまでに済ませましょう。なお、1歳になるまでに必要回数を接種できなかった場合、初回2回目、3回目の接種は受けず、追加接種1回のみで終了となります。



小児用肺炎球菌ワクチン

接種開始月齢(年齢) 初回接種 追加接種 合計
生後2か月から7か月未満 3回(27日以上の間隔(注2) 初回接種終了後60日以上の間隔をおいて、1歳に至った日以降に1回(標準的には1歳から1歳3か月の間) 4回
生後7か月から12か月未満 2回(27日以上の間隔)(注3)

初回接種終了後60日以上の間隔をおいて、1歳に至った日以降に1回

3回
1歳から2歳未満 1回 初回免接種終了後60日以上の間隔をおく 2回
2歳から5歳未満 1回で終了
   (注2)初回接種は1歳になるまでに済ませましょう。なお、初回2回目と3回目を2歳までに受けられなかった場合は、残り追加接種1回のみで終了となります。また、初回2回目が1歳を超えた場合、初回3回目は受けず追加接種1回のみで終了となります。
   (注3)初回接種は1歳になるまでに済ませましょう。なお、初回2回目は2歳までに受け、それを超えた場合2回目は受けず、追加接種1回のみで終了となります。

受け方
   事前に医療機関に予約のうえ、母子健康手帳と予診票を持参し接種を受けてください。対象となる方へはすでに予診票をお送りしています。転入された方や予診票を紛失された方は、母子健康手帳を持参のうえ、すこやか子育て課窓口までお越しください。
   委託医療機関以外での接種希望の方は、事前にすこやか子育て課けん診係にお問い合わせください。