風しんの追加的対策事業のお知らせ

公費による風しんの抗体検査・予防接種を引き続き実施しています

風しんの予防接種を公的に受ける機会がなかった年代の男性は、他の世代に比べて抗体保有率が低くなっています。このため、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象に、抗体検査と予防接種を無料で受けられるクーポン券を送付しています。
風しんは感染者の飛沫などにより他の人に感染する感染力が強い病気です。また、妊娠初期の妊婦が風しんにかかると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害が出ること)になる可能性があります。感染を拡大させないために、社会全体での集団免疫の獲得が重要です。ぜひこの機会に抗体検査を受けていただき、陰性だった方は予防接種を受けることをお勧めします。
なお、すでに抗体検査や予防接種を受けた方は、再度受ける必要はありません。

抗体検査及び予防接種の流れ

1 市内の医療機関に抗体検査の予約をします。職場の事業所健診や市が実施する特定健診でも同時に受けられます。詳しくは職場や受診先にご確認ください。
2 抗体検査(血液採取)を受けます。クーポン券と予診票、本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証など)をお持ちください。
3 抗体検査の結果を受け取ります。
4 抗体がある場合は、予防接種の必要はありません。抗体がないと判定された場合は、風しんにかかるリスクがありますので、予防接種を受けることができます。

市外の医療機関でも受診することができます。関連リンクをご覧ください。

対象者

南陽市に住所がある方で、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性

クーポン券の有効期限

令和5年3月31日
事業は令和6年度までの継続事業です。今年度のクーポン有効期限は令和5年3月31日までですが、受けられなかった場合は次年度に再度クーポン券を発送する予定です。

                              (最終更新日 令和4年5月10日)