介護保険負担限度額の認定誤りについてのお詫び

                                      
                                                                                                         平成30年11月
                                                                                                         南陽市福祉課
この度、介護保険負担限度額の認定に誤りがあることがわかりました。
関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申しあげます。
市民の皆様の信頼を損ねたことを深く反省し、再発防止に努めてまいります。
1.経過
平成30年9月にご利用者のご家族から、平成29年度と平成30年度の居住費・食費の介護負担限度額が違うのはなぜかと問い合わせがありました。調べたところ、平成29年度の認定を誤っていたことがわかりました。
このことを受けて、現在の認定制度となった平成27年度まで遡って調査したところ、13件9人のご利用者について認定誤りがわかりました。
2.原因
施設に入所された方の配偶者(別世帯)について、市民税の課税・非課税のデータ入力を間違えたためです。
3.今後の対応
現在、ご利用者(ご家族等)や関係施設を訪問し、お詫びし説明を申し上げています。誤って減額されていた金額は、返還していただくようお願いしてまいります。
また、再発防止のため、審査チェック表を見直し、複数の職員による審査体制に改めました。