南陽みらい議会 第3回南陽みらい議会が開かれました(令和5年9月30日)

9月30日(土)、第3回南陽みらい議会がシェルターなんようホールにて開かれ、南陽みらい市長、南陽みらい議員、事務局14名全員が参加しました。吉田南陽みらい市長から主催事業の内容、近野南陽みらい副市長から予算(案)が提案され、全員賛成で可決されました。

議会では、吉田南陽みらい市長が、交流イベント『Come on!南陽 遊びと謎解きのもりwith菊まつり』を提案。内容としては、①謎解きゲーム・縁日といった遊びコーナーなどのイベントを10月28日(土)に実施。②SNS等を活用して「南陽市の人・もの・元気」をテーマにした写真を募集し、当日の写真と合わせPR動画の作成などです。吉田みらい市長は「南陽市の中高生は元気」ということを伝えていきたいですと述べました。
続いて、近野南陽みらい副市長からは、会場設営費10万円・イベントPRチラシ印刷代11万円など総額50万円の予算(案)について提案されました。

それらに対し、各議員からは賛成意見のほか、「QRコードをチラシにつけて募集してはどうか。」「11万円でチラシが何枚できるのか。」などの質問が挙げられ、吉田みらい市長が一人一人に答弁を行いました。その結果、議員全員が賛成して提案が可決されました。

また、白岩市長から「成功しても失敗してもかけがえのない経験になるので、常識にとらわれず、楽しめるように頑張ってください。市役所も全力でバックアップします。」とエールが送られました。
今後は、議員全員協議会を開催し、10月28日(土)のイベントに向けて、準備を行っていきます。