平成24年度「草木の森」夏季イベント

夏季イベントが開催されました!

 平成24年7月6日(金曜日)、宮内地区にある「草木の森」において夏季イベントが開催されました。
 今回のイベントでは、平成22年度と23年度に植栽を行った餠杉広場の植栽地の下刈りを行いました。

 下刈りとは、植栽した苗木の成長を手助けするための大切な作業です。植えた苗木はまだ弱く、放っておくと雑草などに負けてしまいます。下刈りは、苗木が雑草などに負けなくなるまでの5~10年の間続けなければならない、大変な作業の一つです。
 今回の下刈りでは鎌を使用するため、作業前の安全講習は欠かせません。米沢地方森林組合の方を講師とし、参加者の皆さんは安全な鎌の使い方の指導を受けました。
 安全講習が終われば、早速作業の開始です。参加者は4つの班に分かれ、それぞれの持ち場で下刈りを行います。晴天の空の下、額に汗を流しながら作業に打ち込む皆さんの表情は真剣そのものでした。
 約1時間の作業のあと、参加者の皆さんには鎌磨ぎ研修を受けてもらいました。道具を長く大切に使うためにも、大切な作業です。
 
 今回のイベントはこれで終了ですが、秋には広葉樹の植栽イベントを開催する予定です。
 
 
 
  • 作業前の安全講習の様子。
  • 下刈り作業中の様子。
  • 餠杉の前で記念撮影