特定不妊治療費の一部を助成します

特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けられている方の経済的負担の軽減を図るため、費用の一部を助成します。(平成30年度継続)

対象者

法律上の婚姻をしている夫婦で次の項目のすべてに該当する方
 (1)夫婦または夫婦のいずれか一方が、市内に住所を有している方
 (2)山形県特定不妊治療費助成事業助成金の交付決定を受けた方
 (3)他の市町村からの助成を受けていない方

助成金額

県の助成額を差し引いた額に対して、1回の治療につき上限10万円まで。

申請方法

山形県特定不妊治療費助成決定後、翌月末日までにすこやか子育て課に申請してください。

必要書類など

(1)特定不妊治療費助成事業受診等証明書(または写し)
(2)山形県特定不妊治療費助成金給付決定通知書(または写し)
(3)特定不妊治療にかかる医療機関発行の領収書
(4)印鑑(認め)
(5)申請者名義の振込口座の通帳

不妊に関する相談

山形県では、不妊に関する悩みを相談していただけるよう山形大学医学部付属病院に委託して、産婦人科の専門医師による相談を実施しています。詳しくは右側の「不妊専門相談センター」をご覧ください。なお、電話相談も予約が必要となりますのでご注意ください。