南陽市農業用ため池ハザードマップについて

 南陽市では農業用ため池を対象としたハザードマップを作成しました。 
 ため池ハザードマップとは、災害等によりため池が決壊した場合を想定し、迅速かつ安全に避難ができるよう被害範囲等を地図化したもので、予想される浸水被害に関する以下の項目について記載してあります。

○浸水が予想される範囲

○浸水した場合の水深

○浸水した場合の流速

○水が到達するまでの時間

○避難所・避難方向など

自分が住んでいる所はどれくらいの被害があるのかの目安としてご確認いただき、災害が起きた場合に早めの自主避難ができるよう、日頃から心がけて下さい。

 

※1 この試算では、被害を最大限見込むため、満水時のため池が一気に決壊するという実際には起きることが稀と思われる事態を想定しています

※2 対象とするため池は、被害想定域における人家・公共施設の有無、農業用水としての依存度等を総合的に勘案し、被災時の影響が大きいものを選定したものであって、対象となったため池が被災する可能性が高いということではありません。