「新市場開拓に向けた水田リノベーション事業」について

(要望調査は終了しました)
水田農業を輸出や加工品原材料等の新たな需要拡大が期待される作物を生産する農業へと刷新( リノベーション)するため、新市場開拓用米や加工用米、高収益作物(野菜等) 、麦・大豆について、産地と実需者の連携に基づいた、実需者ニーズに応えるための低コスト生産等の取組を支援する事業になります。

事業の内容

実需者ニーズに応じた価格・品質等に対応するために必要となる低コスト生産等の取組を行う場合に、取組面積に応じて4万円/1 0 aを支援。

対象者

水田において対象作物を生産する販売農家・集落営農

対象となるほ場

田(水田活用の直接支払交付金の交付対象水田と同じ)
  • 本事業の面積支払い支援を受けた水田の面積については、令和3年度水田活用の直接支払交付金の戦略作物助成(加工用米: 2万円/1 0 a 、麦・大豆: 3 . 5万円/1 0 a )及び都道府県に対する産地交付金の取組に応じた追加配分(新市場開拓用米: 2万円/1 0 a )の対象面積から除きます。

対象となる作物

令和3年産(基幹作)の新市場開拓用米、加工用米、高収益作物(野菜等) 【輸出、加工・業務用】、麦・大豆【輸出、加工用】
  • 令和3年産の主食用米を作付していない田での基幹作のみが対象。
  • 新市場開拓用米は、輸出用米、輸出向けパックご飯の原料用米、輸出向け日本酒の原料用米等。
  • 高収益作物については、水田活用の直接支払交付金の産地交付金によって令和3年度に支援を予定している品目が対象。

採択要件

  • 地域協議会が策定したプランに参画する農業者であること。
  • 農業者または農業者と出荷契約を締結する集出荷業者等が、実需者と販売契約を締結すること(または出荷契約・販売契約を締結する計画を有していること)
  • 農業者は、対象品目について添付資料記載の低コスト生産等の取組メニューのうち3つ以上の取組を行うこと(関連ファイル参照)
※ 本事業は採択制となっており、地域協議会が策定したプランごとに採択されます。

取組計画書提出期限

令和3年2月1 5日(月)までに集荷業者等に提出

採択結果

関連コンテンツを参照してください。