水道メーター検針データの消失について

 10月検針分の水道料金と下水道使用料の検針データの一部を消失したことが、10月28日判明しました。
検針に使用する携帯端末1台のデータが消失したもので、原因は現在調査中です。
 対象世帯・事業所については、10月29日に再度検針し、お詫びの文書と再検針した検針票を送付する予定です。
 経過等につきましては以下のとおりですが、今後このようなことが無いように努めてまいります。

【経過】
 南陽市上下水道課から委託された業者が、21日から28日の間に検針作業を行い、28日午後にデータ入力された携帯端末を操作中に何らかの原因で1台分のデータが消失した。

【対象】
 宮内地区の一部337件

【対応】
 お詫びの文書と再検針後の請求額等が表示されたお知らせ票を11月2日に発送予定。

【再発防止策】
 原因を究明したうえで、携帯端末の操作手順を徹底する等、再発防止に努めてまいります。