南陽市下水道融資あっせん制度について

市では、公共下水道の利用促進、普及促進のため、排水設備工事を行う方に下記のとおり「融資あっせん制度」を設けています。ぜひご検討ください。申し込みは、南陽市指定下水道排水設備工事店をとおして市へ行ってください。

南陽市下水道融資あっせん制度の概要

対象者
1 
下水道供用開始の日から3年以内に、改造工事等に着手する方。
2 建築物の所有者、または改造工事等について当該建築物の所有者の同意を得た方。(ただし、旅館業以外の法人は除く。)
3  市税・下水道受益者負担金に滞納がない方。
4  融資資金の償還能力を有する方。
5取扱い金融機関が適当と認める連帯保証人を有する方。(取扱い金融機関が適当と認めた場合、それに代る制度を利用できます。)

対象工事
1 トイレの水洗化工事。
2  既存の建築物における、その他の排水設備の新設工事。

融資あっせん額
排水設備工事の精算額で、1戸当たり100万円が限度額です。ただし、汲取り便所1箇所増すごとに10万円加算できます。

償還方法
60ヶ月以内の毎月元金均等償還です。
利子補給
市が利子を全額補給します。

取扱い金融機関(以下金融機関のうち南陽市内にある支店に限ります)
山形銀行
きらやか銀行
米沢信用金庫
山形第一信用組合
東北労働金庫
山形おきたま農業協同組合
荘内銀行