新型コロナウイルス感染症対策に係る感染拡大防止対策について(5月27日更新)

令和2年5月25日(月)、国は新型インフルエンザ等特別措置法に基づく緊急事態宣言の区域について、残る5つの都道府県を解除し、全都道府県の緊急事態宣言を解除するとともに、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針を改定しました。
また、県では、翌5月26日(火)の新型コロナウイルス危機対策本部において、国の基本的対処方針を踏まえた県の対策方針を決定。
これらを踏まえ、6月からの当市における新型コロナウイルス感染症拡大防止の対応を次のとおりとします。

1.感染拡大防止に向けた市民への広報周知の徹底
  1. 「密閉空間」「密集場所」「密接場面」の「三つの密」を徹底的に避けるとともに、マスクの着用や手洗い、人と人との距離の確保などの基本的な感染症対策を継続していくという、感染症拡大を予防する「新しい生活様式」の徹底をお願いします。
  2. 6月以降、都道府県をまたぐ移動の自粛が解除されるが、5月25日の緊急事態宣言解除の対象となった特定警戒都道府県、5都道県との間の不要不急の移動については、6月18日(木)までは慎重に対応するようお願いします。
  3. 集会等の開催にあたっては、「新しい生活様式」や各種ガイドラインに基づく適切な感染防止対策を講じるようお願いします。

2.市内小中学校等の授業等について
  1. 市内小中学校の授業を、6月1日(月)から完全再開とします。また、中学校の部活動についても6月1日(月)から再開し、生徒の状況や活動環境、感染防止対策に留意しながら進めていく。
  2. 市内小中学校の授業の再開に伴い、市立幼稚園・保育園・児童館は通常保育を再開し、学童保育についても通常運営とします。
 
3.公共施設等の使用(貸出)について
  1. 小・中学校施設を除く公共施設の使用については、「新しい生活様式」に基づく感染防止対策として、各施設や部屋ごとに使用人数や使用時間、活動内容等への条件を設定するとともに、概ね3週間ごとに条件の見直し等を段階的に図っていく。また、イベント等に関しては、国・県の基本的対処方針も踏まえながら対応します。
    公共施設の再開情報
  2. 小・中学校施設については、当面の間一般開放(貸出)を見合わせ、準備が整い次第再開することとし、貸出にあたっては一般の公共施設と同様の感染防止対策を講じます。
4.今後の新型コロナウイルス感染症注意・警戒体制について
  1. 今後、第2波、第3波が来た場合、市内及び県内外の感染状況等を踏まえ、山形県が設定した「新型コロナウイルス感染症注意・警戒レベル」の判断基準等に沿って適切に対応します。
5.人権への配慮について
  1. 新型コロナウイルス感染症に関し、冷静な行動を求めるとともに、インターネットやSNS等への誹謗中傷や心ない書き込みによる不当な差別、偏見、いじめが起こらないよう十分注意します。