新型コロナウイルス感染症に関する市長からのメッセージ

令和3年1月30日、南陽市内で1名の感染者が確認されたことを受け、市民の皆様に向けて「南陽市長からのメッセージ」を発表します。

【南陽市長からのメッセージ(令和3年1月30日)】

新型コロナウイルス感染拡大の防止に向けて取り組んでいただき、心より感謝を申し上げます。

令和3年1月30日、山形県から発表がありましたとおり、南陽市内において新型コロナウイルスの感染者が確認されました。感染された方々にはお見舞い申し上げますとともに、一刻も早いご回復をお祈り申し上げます。

市民の皆さまには、引き続き感染予防の意識を持って、マスクの着用、手洗い、手指消毒、換気をこまめに行うなど、感染リスクが高まる「5つの場面」
・飲酒を伴う懇親会など(回し飲みや箸の共有にも注意)
・大人数や長時間におよぶ飲食
・マスクなしでの会話(カラオケや車内でも注意)
・狭い空間での共同生活
・居場所の切り替わり(休憩室や更衣室などの利用時に注意)
に気を付けていただくなど、今一度、感染拡大防止のために今できることへのご協力とご家族など身近な方を守る行動をしていただきますようお願いします。
また、国が指定する緊急事態宣言地域や感染拡大地域との不要不急の往来は慎重にしてください。

もし、発熱、倦怠感、咳やノドの違和感、味覚・嗅覚障害等の症状がある場合は、外出等は控え、かかりつけ医もしくは受診相談センター(フリーダイヤル0120-88-0006)に早めの相談・受診をお願いします。

最後に、感染者個人の特定を行う問い合わせや調査、不正確な情報(うわさ)の発信、感染者や感染者のご家族、勤務先への誹謗中傷、心ない批判や差別的対応等は絶対にしないでください。

感染リスクが高まる「5つの場面」


 令和3年1⽉30⽇
南陽市長 白岩孝夫