新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に引き続きご協力ください

 全国では、新規感染者数が急速に増加しており、8月2日から緊急事態措置区域に新たに埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府の4府県が、まん延防止等重点措置区域に北海道、石川県、京都府、兵庫県、福岡県の5道府県が追加されました。
 こうした全国的な感染拡大の影響は、山形県でも例外ではなく、本市では8月3日に新規感染者が3名確認されました。
 市民の皆さんには、冷静に行動していただくとともに、感染拡大を防止するため、引き続き感染拡大防止対策にご協力をお願いします。
 また、感染の確認された方の一刻も早い回復をお祈りするとともに、感染者やその家族、医療従事者等への偏見・差別・誹謗中傷など、個人情報の保護には特段のご配慮をお願いします。

【基本的な感染防止対策】

 感染力の強いデルタ型などの変異株を厳重に警戒していただき、不織布のマスクを正しく着用し、「密閉」、「密集」、「密接」のいずれも徹底的に回避するようお願いします。
 また、暑さを避け、水分を摂取し、身体的な距離が確保できる場合等はマスクをはずし、熱中症予防にも心掛けてください。
 事業所では、従業員の健康管理を徹底し、「業種別の感染拡大予防ガイドライン」遵守にご協力ください。

【感染が多い地域との往来】

 緊急事態宣言の対象地域(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、沖縄県)やまん延防止等重点措置の対象区域(北海道、石川県、京都府、兵庫県、福岡県)との不要不急の往来は控えてください。
 新規陽性者数が多い地域(福島県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県、奈良県、鳥取県)との往来は十分に注意してください。
 ※いずれも通勤通学などのための往来は除きます。

【夏休みやお盆の帰省等の期間における旅行、帰省等】

 旅行、帰省や仕事も含め、都道府県境をまたぐ不要不急の移動は、感染状況を踏まえ、慎重に判断してください。
 体調の悪い時の帰省や感染が多い地域からの帰省は控えるよう、ご家族、ご親族にお伝えください。

【会食等について】

 正しいマスクの着用、こまめな手洗い、消毒、三つの密の回避など基本的な感染防止対策を徹底してください。
 会食は、普段一緒にいる人と、少人数・短時間で、業種別ガイドラインを遵守している施設を利用し、会話の際はマスクを着用する、体調の悪い人は参加しない、飲酒を伴うカラオケは控えるなど、マスク飲食を徹底して行ってください。 


更新日:令和3年8月3日