医療費が高額になったとき

高額療養費制度について
  1か月(同じ月内)の病院などの窓口に支払った自己負担額が下記の表を超えた場合、超えた分が高額療養費として支給される制度です。
●高額療養費の自己負担限度額(月額)

・負担割合が3割の方
所得区分
1か月ごとの限度額(世帯単位)
(高額療養費)※1、※2
現役並み所得Ⅲ 252,600円+(医療費の総額-842,000円)×1%
                (140,100円)※3
現役並み所得Ⅱ 167,400円+(医療費の総額-558,000円)×1%
                 (93,000円)※3
現役並み所得Ⅰ 80,100円+(医療費の総額-267,000円)×1%
                 (44,400円)※3
※1 月の途中で75歳に到達した方の誕生月分の限度額は、2分の1の額(障がい認定で加入している方を除く)になります。
※2 外来・入院の区分は問いません。なお、医療費に食事代、差額ベット代等は含みません。
※3 (  )内は過去12か月以内に自己負担限度額を超えた支給が4回以上あった場合の4回目以降の額。
・負担割合が1割の方
所得区分 1か月ごとの限度額(高額療養費)※1
外来(個人ごと) 外来+入院(世帯単位)※2
一 般
18,000円
(年間144,000円上限)※4
57,600円
(44,400円)※3
低所得Ⅱ 8,000円 24,600円
低所得Ⅰ 15,000円
※1 月の途中で75歳に到達した方の誕生月分の限度額は、2分の1の額(障がい認定で加入している方を除く)になります。
※2 入院を含む場合は、世帯内の加入者全員の一部負担金を合計します。なお、医療費に食事代、差額ベッド代等は含みません。
※3 (  )内は過去12か月以内に外来+入院の自己負担限度額を超えた支給が4回以上あった場合の4回目以降の額。
※4 一般区分の外来(個人)について1年間(8月から翌年7月)の自己負担額の合計額に144,000円の上限が設けられます。

○手続きについて
 申請が必要な方には、広域連合から「高額療養費の支給申請のお知らせ」が届きます。
 申請窓口は、南陽市すこやか子育て課になります。
 一度申請し、振込口座を登録すると2回目以降は該当する月ごとに申請した口座に振り込まれます。
○申請に必要なもの
 ・支給申請のお知らせ ・後期高齢者医療保険証 ・印鑑(認め印) ・加入者名義の通帳
 ・個人番号がわかる書類(個人番号通知カード等) ・身分証明書(運転免許書等)

高額療養費(外来年間合算)制度について
8月1日から翌年7月31日までに支払った医療費の一部負担金について、外来分を合算した金額が144,000円を超えた場合、申請により超えた分が支給される制度です。
●1か月の自己負担限度額

負担割合 所得区分 外来(個人ごと) 外来+入院(世帯単位)
1割 一般
18,000円
(年間144,000円上限)
57,600円
(多数回44,400円)
低所得Ⅱ 8,000円 24,600円
低所得Ⅰ 15,000円
※平成29年8月診療分から対象となります。
○手続きについて
 
高額療養費(外来年間合算)の申請が必要な方には、広域連合から「高額療養費(外来年間合算)の支給申請のお知らせ」が届きます。
 申請は、毎年必要です。申請窓口は、南陽市すこやか子育て課になります。
○申請に必要なもの
 ・支給申請のお知らせ ・後期高齢者医療保険証 ・印鑑(認め印) ・加入者名義の通帳
 ・個人番号がわかる書類(個人番号通知カード等) ・身分証明書(運転免許書等)  

高額介護合算療養費について
同じ世帯に属する加入者の1年間分(8月1日から翌年7月31日まで)の医療費と介護保険の負担額の合計が下記の限度額を501円以上超えた場合、申請により超えた分が支給される制度です。   
●高額介護合算療養費の自己負担限度額
所得区分
1年ごとの限度額
(高額介護合算療養費)
現役並み所得Ⅲ 2,120,000円
現役並み所得Ⅱ 1,410,000円
現役並み所得Ⅰ 670,000円
一 般 560,000円
低所得Ⅱ 310,000円
低所得Ⅰ 190,000円
○手続きについて
 
申請が必要な方には、広域連合から「高額介護合算療養費の支給申請のお知らせ」が届きます。 
 申請は毎年必要です。
 申請窓口は、南陽市すこやか子育て課になります。 
○申請に必要なもの
 
・支給申請のお知らせ ・後期高齢者医療保険証 ・介護保険証 ・印鑑(認め印) 
 ・加入者名義の通帳 ・個人番号がわかる書類(個人番号通知カード等) ・身分証明書(運転免許書等)