市民大学講座のご案内

市民大学講座のご案内

  • 平成28年度公開講座
  • 平成28年度現地研修
市民大学講座は、自分たちが住む南陽市や置賜地域の歴史・文化・地域について深く学びたいみなさんが自由に学べる市民参加型の講座です。
平成29年度は「謎解き歴史散歩 南陽パート3」をテーマに、下記の内容で全6回の講座を開講しております。(写真は平成28年度の講座の様子です)

(1)講座内容
第1回 平成29年8月26日土曜日13時30分~ 講義「近世北条郷を拓いた人々―横田式部旨俊と安部右馬助綱吉―」
講師 佐藤 鎮雄 氏(うきたむ風土記の丘考古資料館名誉館長)
第2回 平成29年9月9日土曜日13時30分~ 講義「南陽の菊まつりを考える」
講師 高岡 亮一 氏(南陽文化懇話会事務局長)、鈴木 孝一 氏(資料館・時代の忘れ物主宰)
第3回 平成29年9月30日土曜日13時30分~ 現地研修「米沢市に上杉鷹山公の遺跡を訪ねる」
講師 須崎 寛二 氏(南陽の歴史を語る会会長)
第4回 平成29年10月14日土曜日13時30分~ 公開講座「上杉鷹山の改革はなぜ高く評価されたのか
―北条郷村々の地域立て直しと米沢藩領のイメージ形成―」
講師 小関 悠一郎 氏(千葉大学教育学部准教授)
第5回 平成29年10月28日土曜日13時30分~ 講義「山寺立石寺の歴史と信仰」
講師 佐藤 庄一 氏(山形県考古学会会長)
第6回 平成28年11月11日土曜日13時30分~ 講義「子守学級から農繁託児所へ ―置賜地域を中心に―」
講師 松田 澄子 氏(米沢女子短期大学教授)
(2)場所
南陽市役所大会議室(例年と場所が異なりますのでご注意ください)
(3)定員
先着40人
(4)参加料
2,500円(初回講座でお支払ください。) 1回のみ(500円)の受講も可能です。第4回目の公開講座は無料です。
(5)申込方法
電話、メール、または所定の申込書(各地区公民館に備えております)に記入のうえ、社会教育課か各地区公民館にお申込みください
(6)締め切り
8月24日木曜日。ただし、一回のみの受講は講座当日までのお申込みとなります。 その他詳細はページ右側の関連ファイル「市民大学チラシ」をご覧ください。