「新しい生活様式」を着実に実践しましょう(県知事・市長の共同メッセージ)

 市民の皆様には、日頃、新型コロナの感染防止について、ご理解ご協力をいただき、心より感謝申し上げます。
 さて、7月4日、本県で約2カ月ぶりに新たな感染者が確認されました。
市民の皆様には、改めて感染防止の基本となる「新しい生活様式」を着実に実践の上、普段どおりの生活を送っていただくことをお願いします。

1「新しい生活様式」の実践
  「3つの密(密集・密接・密閉)」の回避をはじめ、身体的距離の確保やマスクの着用、こまめな手洗いを着実に実践しましょう。
      
2 感染が確認されている地域への移動は慎重に

 東京都など感染者が増加傾向にある地域への不要不急の移動について、感染状況が落ち着くまでの間、できるだけ控えてください。
 また、訪問先でも「3つの密」を避けるなど、感染防止を徹底しましょう。

 市民の皆様ご自身及び大切な周囲の方々の命と健康を守るため、上記の「新しい生活様式」を着実に実践し、併せて、感染された方とその家族や職場、医療従事者などが、いわれのない差別や偏見、いじめ、中傷などにさらされることのないよう、感染症を正しく理解し、皆で支えあい、力を合わせて、新型コロナを乗り越えてまいりましょう。
 
   令和2年7月

                                山形県知事 吉 村 美栄子
                                南陽市長  白 岩 孝 夫