年末年始の新型コロナウイルス感染防止対策にご協力ください

年末年始の時期を迎え、本市では7月4日以降新型コロナウイルス感染者は報告されておりませんが、県内における新型コロナウイルス感染者の発生数は依然として高い水準で推移しています。
医療がひっ迫する深刻な状態の地域もあり、感染拡大の勢いが止まらない状況となっています。
以下のポイントに注意し、年末年始の新型コロナウイルス感染防止対策にご協力ください。

予防を徹底し、年末年始は静かに過ごしましょう

家族や友人との間でもマスクを着用する、こまめな手洗いをする、初詣等でも「三密」を避ける、など予防対策を徹底しましょう。
また、普段顔を合わせない人との会食を控えるなど、年末年始は静かに過ごしましょう。

帰省や旅行によって感染を広げないように慎重に行動しましょう

帰省や旅行については必要性をよく考え、延期や中止も含めて検討しましょう。
特に、感染が拡大している地域との間の移動については慎重な判断が必要です。

会食の際は感染リスクに十分注意しましょう

深酒や大騒ぎは避け、会食の場でも会話時はマスクを着用しましょう。
「少人数」「短時間」「斜め向かい席」などの工夫をしながら、ガイドラインを遵守したお店を選ぶなど、感染リスクに注意し賢く楽しみましょう。

(更新日:令和2年12月24日)