山形県知事と南陽市長との共同メッセージ

市(町村)民の皆様・市(町村)内で働く皆様
お 願 い
 

 新型コロナウイルス感染が世界規模で拡大しています。我が国でも、4月7日、7都府県に発令された緊急事態宣言が本県を含めた全国に拡大され、また、県内の感染者数も4月18日現在、60名に達しており、このまま増加すると、山形県内でも医療崩壊が起きかねません。まさに、未曾有の災厄となりました。

 

 ここで、大型連休を迎えるにあたり、私達から皆様にお願いがあります。

 

 県外で暮らすご親族が帰省し、久しぶりの再会を心待ちにしているご家庭も多いのではないでしょうか。

 しかし、今回のウイルスは感染しても自覚症状が現れないことが多々あります。健康で若い世代が自身の感染に気付かず、周りに感染を広げてしまうケースが多数報告されています。これまで県内で発生した事案にも、首都圏や仙台市から地元に帰省した方が家族や友人に感染を広げ、さらにそれぞれの職場にまで拡大したケースが多く見られます。

 

 どうか皆様、こうした状況をご勘案の上、連休中の県外からの帰省を見合わせることについて、ご家族の皆様と話し合ってください。

 

 このようなお願いは大変心苦しいことですが、これは大切な方の命を守る行動です。そして、私達はこの事態を一日も早く終息させ、苦境にある事業者の方々等を支援するためにも疲弊した経済の立て直しに取りかからなければなりません。何卒、ご理解をお願いします。

 

 あわせて、生活するうえで必要なものを除き不要不急の外出はできる限り控えて下さい。

 時節柄ご自愛のほどお祈りいたします。


令和2年4月
山形県知事 吉村 美栄子   

南陽市長  白岩 孝夫    
 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するための緊急のお願い