令和3年度地域雇用活性化推進事業

1 事業概要

目的
 雇用機会が不足している地域において、地域の特性を生かした「魅力ある雇用」や「それを担う人材」の維持・確保のための雇用創出を、国から委託を受け行う事業

採択状況
 地域雇用活性化推進事業の南陽市地域雇用創造計画が、厚生労働省から令和3年8月31日付けで採択
 なお、全国で13地域採択(東北地方では南陽市のみ)

取組内容
 DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進することにより企業の生産性・業務効率のアップを図り、若者・女性が活躍しやすい職場環境を整え、新たな雇用を創出すべく、南陽市雇用創造協議会(※)が、「南陽市の変革 DX実装加速化プロジェクト(人と企業の縁結び)」と銘打ち、事業を行う。
※南陽市雇用創造協議会構成員
 山形県、南陽市商工会、南陽市観光協会、赤湯温泉旅館協同組合、南陽市
 

2 実施期間  

令和3年10月1日~令和6年3月31日(2年6か月間)
 

3 事業予算

令和3年度      16,648千円
令和4年度      23,653千円
令和5年度      23,851千円
※全額、国庫支出金(委託金)となりますが、委託対象外の経費(協議会としての借入金利子等)については、令和4年度以降、当初予算で要求
 

4 雇用創出目標

令和3年度 21人
令和4年度 29人
令和5年度 33人
3か年合計   83人
 

5 今後のスケジュール

本事業では、事業所向けと求職者向けのセミナーや合同就職説明会などを実施してまいります。
詳しくの詳細は、関連ファイル及び南陽市雇用創造協議会HPに掲載しておりますのでご覧ください。

南陽市雇用創造協議会HP