猫のガバメントクラウドファンディング募集期間終了の報告について

 猫のガバメントクラウドファンディング募集期間終了の報告について(令和4年9月7日追記)


 この度は、当プロジェクトを応援いただき、誠にありがとうございました。
 全国の皆様より目標金額を上回るご寄付を頂戴し、南陽市を始め、関係者一同心から感謝申し上げます。
 皆様からいただきましたご寄付は、飼い主のいない猫などに避妊手術を行う市民、団体に対して交付する「南陽市猫の避妊手術費補助金」と市内で猫愛護活動を行う団体へ交付する「南陽市猫愛護活動事業費補助金」に大切に使わせていただきます。
 今後も飼い主のいない不幸な猫を増やさないための取組みを実施して参りますので、引き続き皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
 
 

 【目標金額達成の御礼】ふるさと納税×クラウドファンディングで人と猫が共生できるまちを目指します!引き続きご支援をお願いいたします!(令和4年8月3日追記)

 この度、全国の多くの皆様からのご支援をいただき、7月25日に本プロジェクトの目標金額を達成いたしました。
 南陽市をはじめ、関係者一同、心より感謝申し上げます。
 また、心温まる応援メッセージもいただき重ねて厚く御礼申し上げます。
 6月1日から開始しました本プロジェクトの目標金額は達成いたしましたが、寄付の受付は、引き続き8月29日まで行います。
 なお、目標金額を上回った寄付金につきましても「猫の避妊手術に対する補助金」と「猫の愛護活動経費に対する補助金」に活用させていただきます。
 今後も飼い主のいない不幸な猫を増やさないための取組みを実施してまいりますので、引き続き皆様のご支援をお願いいたします。
 さて、南陽市が本プロジェクトを通して実施している取り組みの経過をご報告いたします。

【6/18(土曜日)保護猫の譲渡会を開催しました】
 この度の譲渡会は、当市と動物の愛護活動を行っている「パウズバディ」(ボランティア団体)との共催により開催しました。
 開催日当日は、オープン直後から多くの方々が来場し、保護猫の可愛らしい姿をご覧いただきました。
 なお、保護猫25匹のうち15匹に新しい飼い主(飼い主や先住猫との相性を観察して保護するかどうかを判断する「トライアル」を含む)が見つかりました。



【保護猫の避妊手術費補助金等に活用させていただいております】
 今年度より開始しました「猫の避妊手術に対する補助金」と「猫の愛護活動経費に対する補助金」に活用させていただいております。
 なお、補助金の交付実績、その他取組み実績は以下のとおりになります。(7月25日時点)
① 猫の避妊手術費に対する補助金   14件(オス17匹、メス22匹)
                           335,500円
② 猫の愛護活動経費に対する補助金   1件       499,000円
③ 野良猫等の相談件数        25件(令和3年度実績 15件)
④ 野良猫等の捕獲頭数       156匹



【引き続き皆様のご支援をお願いいたします。】
 募集期間 令和4年8月29日まで
 ふるさと納税のウエブサイト「ふるさとチョイス」から直接お申込みください。





ふるさと納税を活用したクラウドファンディングによるまちづくり
      ~人と猫が共生できるまちを目指して~



 南陽市では、飼い主のいない猫や適性に飼育されていない猫によるふん尿や鳴き声による騒音等の被害、無責任に餌を与える人に対するご相談が多く寄せられています。
 
 令和4年度から新たに、飼い主のいない猫などに避妊手術を行う市民、団体へ「南陽市猫の避妊手術費補助金」と、市内で猫愛護活動を行う団体へ「南陽市猫愛護活動事業費補助金」を交付し、人と猫の共生につながる活動を支援するため、ふるさと納税を活用したクラウドファンディングにより寄付を募ります。

 皆様の温かいご支援を心よりお待ちしています。

プロジェクト名:「人と猫が共生できるまちを目指して」

目標金額:100万円

寄付募集期間:令和4年6月1日(水)~ 令和4年8月29日(月)

寄付募集サイト:ふるさとチョイス(本プロジェクトへのご寄付にはお礼の品はございません)
※寄付募集サイトについては、関連リンクからページをお開きください。

更新日:令和4年9月7日