高齢者肺炎球菌ワクチン接種について(定期接種)

   高齢者の肺炎球菌感染症を予防する肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP 23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)接種が、平成26年10月1日から定期接種となりました。接種費用の一部を市が負担します。定期接種となりますが、必ず受けなければならないものではありません。対象者の方で接種を希望される方のみです。
 
令和4年度対象者(接種期間 令和4年4月1日~令和5年3月31日まで)
 対象者は以下の1もしくは2に該当する方

1 次の生年月日の方

対象生年月日

65歳になる方

 昭和32年4月2日生~昭和33年4月1日生

70歳になる方

 昭和27年4月2日生~昭和28年4月1日生

75歳になる方

 昭和22年4月2日生~昭和23年4月1日生

80歳になる方

 昭和17年4月2日生~昭和18年4月1日生

85歳になる方

 昭和12年4月2日生~昭和13年4月1日生

90歳になる方

 昭和7年4月2日生~昭和 8年4月1日生

95歳になる方

 昭和2年4月2日生~昭和 3年4月1日生

100歳になる方

 大正11年4月2日生~大正12年4月1日生


(注)対象生年月日に該当しても、過去にこのワクチンを接種したことがある方は定期接種の対象とはなりませんのでご注意ください。また、このワクチンは、接種から5年以内に再接種すると、副反応(痛み、アナフィラキシー等)の頻度及び程度が強く生じる可能性がありますので、接種履歴を充分に確認の上、実施してください。

2 60歳から65歳未満の方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある方(身体障害者手帳1級相当の方)

 
定期接種期間(令和4年度)

  令和4年4月1日~令和5年3月31日

 
接種回数
  1回
 
市が負担する金額
  3,700円
 
自己負担額
  予防接種費用から市が負担する3,700円を引いた差額分。
 予防接種費用は委託医療機関によって異なる場合がありますので、接種希望の医療機関へご確認ください。

 委託医療機関は画面右側の医療機関一覧をご覧ください。
 
かんたんQ&A

Q1 肺炎球菌感染症とはどんな病気ですか?
A1 肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。唾液などを通じて飛沫感染します。気管支炎・肺炎・敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。

Q2 既に「ニューモバックスNP 23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン」を接種したことがありますが、定期接種を受けられますか?
A2 既に接種されたことのある方は、定期接種の対象とはなりません。

Q3 過去に肺炎になったり、肺炎球菌感染症にかかったりしたことがあるのですが、定期接種の対象者になりますか?
A3 肺炎は複数の原因が考えられる上、肺炎球菌も多くの型があるため、過去に肺炎や肺炎球菌感染症にかかっていても、定期接種の対象になります。
 



 
申込み方法
委託医療機関に電話等で申し込む。ワクチン接種日に委託医療機関備え付けの予診票を記入する。

委託医療機関は画面右側の医療機関一覧をご覧ください。

最終更新日 令和4年7月14日