水道を新たに使うとき、水道の使用を止めるとき

 水道を使用するとき(開栓)、または使用を中止(閉栓)するときは、上下水道課の窓口での手続きが必要です。

 使用するとき、または使用を中止するときは、その1週間前頃までに手続きをしてください。
 開閉栓にはそれぞれ手数料1,000円がかかります。
 遠方にお住まいの方や、仕事の都合で窓口に来られない場合などは、電話での仮予約の後、郵送による手続きも可能です。(郵送費はお客様のご負担となります。)
 上下水道料金の支払い方法は、口座振替、納付書払い、スマートフォンアプリとなります。口座振替の手続きをしない場合は、納付書が郵送されます。
 
(様式)開栓受付票 閉栓受付票

(注意)お客さまがご自身でメーターボックス内の止水栓を操作することは、条例(南陽市水道給水条例第8条)で禁じられています。
 
(よくある問合せ)
Q.開栓の手続きをしたのに水が出ません。
A.宅内の水抜栓が閉じられている可能性があります。水抜栓の通水操作をお願いします。

Q.閉栓の手続きを忘れ、長い間上下水道料金を支払っていました。実際水は使っておらず、返金してもらいたい。
A.返金できません。使用水量が0でも基本料金はかかります。閉栓の手続きと現地での閉栓作業を行うことによって、閉栓の手続きは完了します。長い間水道を使用しない場合は、漏水や水道事故の防止の観点から、一旦閉栓することをお勧めします。

Q.自宅の蛇口の水が止まりません。修理してください。
A.水道の施設(水道メーターより先)、器具はお客さまの所有物です。お客さまご自身で修理を依頼してください。なお、給水装置の新設、改造工事は南陽市指定給水装置工事事業者(水道法で定める資格のある者)でなければ、行うことができません。