議会を傍聴してみませんか

 議会の本会議、各常任委員会、予算特別委員会及び決算特別委員会は、原則として中学生以上であれば、どなたでも傍聴することができます。


傍聴の手続き

①議場内での会議の場合(本会議、予算特別委員会、決算特別委員会)
 
 傍聴を希望される方は、市庁舎2階から議会棟にお越しいただき、傍聴席入口付近に傍聴受付簿を準備していますので、住所、氏名、年齢、職業を記入し、傍聴券の交付を受けてから傍聴席にお入りください。

 本会議及び委員会は通常午前10時から開かれますので、受付はその前まですませていただきます。定員は46名(先着順)となります。


②委員会室での会議の場合(各常任委員会)
 
 委員会の傍聴には、南陽市議会委員会条例第19条の規定により、委員長の許可が必要となります。傍聴を希望される方は、市庁舎2階から議会棟にお越しいただき、議会事務局で傍聴受付簿を準備していますので、住所、氏名、年齢、職業を記入し、委員会室前でお待ちください。職員がご案内します。
 委員会は通常午前10時から開かれますので、受付はその10分前まですませていただきます。委員会室の大きさにもよりますが、定員は10名程度(先着順)となります。



注意事項

 議場での発言に対し拍手等により公然と可否を表明することはしないでください。
 議論したり、歌ったり笑ったり騒ぎ立てないでください。
 帽子、はち巻などは着用しないでください。
 飲食、喫煙はできません。
 議長の許可を得た場合以外、写真撮影・録画・録音はできません。
 その他議事の妨害となるような行為はしないでください。


(更新日:平成28年6月15日)