なんちゃんようちゃん
色合い
色合い:標準 色合い:黒 色合い:黄 色合い:青
文字のサイズ
文字のサイズ:小 文字のサイズ:中 文字のサイズ:大 文字のサイズ:特大
Foreign Languages
ホーム
市民のくらし
事業者の方へ
観光
産業・まちづくり
歴史・文化・教育
行政情報
弾道ミサイル落下時の行動について

 弾道ミサイルは、発射からわずか数分で到達する可能性もあり、その時、私たちには「とっさの判断」と「冷静な対応」が求められます。

 
ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、国からの緊急情報を瞬時に伝える「Jアラート」を活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等で緊急情報をお知らせします。

 「
Jアラート」放送があったら、まず落ち着いて放送内容を確認し、「今いる場所」で身を守るために可能な範囲で、最善の避難行動をとっていただくよう、次の点を参考にもう一度確認をお願いいたします。


 

【屋外にいる場合】

 ・近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な建物)の中又は地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難  する。 
 ・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せ頭部を守る。

  【屋内にいる場合】

 ・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

  【近くにミサイル落下】

 ・屋外にいる場合:口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難する。
 ・屋内にいる場合:換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉する。
 

※避難で「大切」なこと

 「避難」は場所を移動することではなく、「災難を避けること」である!

 □大事なことは、爆風から身を守ることです

 □Jアラート放送があってから着弾までは、3分程度ということを考え、その時間で出来る最善の行動をとってください。

 □家にいる場合は、“火を消す”“カーテンを閉める” “窓が割れても破片がこない場所にいく”  “頭を守る”
 “核爆発の熱線を見ないように目を守る” 等の行動をとってください。

 □屋外にいる場合は、とにかく爆風を避けるために最もよいと思われる行動をとってください

 
※「協力」をお願いします!

 □南陽市教育委員会では、児童・生徒に対して、登校中にJアラート放送があった場合は、近くの建物内に避難するように指導しています。もし、児童・生徒が各家庭に一時避難した場合は、ご協力くださるようお願いします。

  弾道ミサイルが落下する可能性のある場合に国民がとるべき行動については、内閣官房の「国民保護ポータルサイト」に掲載されています。


 

 平成29年10月20日 更新

 







 

ページトップへ

南陽市役所 〒999-2292   山形県南陽市三間通436-1 電話:0238-40-3211 FAX:0238-40-3242
開庁時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日、12月29日から1月3日を除く)
© 2013 Nanyo City. All Rights Reserved.