子育て世代定住促進交付金(令和2年度)

事業概要
これから南陽市に転入する(既に転入している場合は転入から5年未満の)世帯が、市内に持家住宅の新築又は購入する際の取得費用の支援を行います。

○子育て世代とは?

・「中学生以下の子を養育する夫婦」 
 または、

・「夫婦いずれも50歳未満の世帯」
 のいずれかを指します。

子育て世代の区分

世帯の種類

交付金の額

新築住宅

中古住宅

中学生以下の子を養育する夫婦(※)

(1)移住世帯

100万円

50万円

(2)貸家世帯又はUターン世帯

50万円

25万円

いずれも50歳未満の夫婦

(3)移住世帯、貸家世帯、又は 
 Uターン世帯

30万円

15万円

※「中学生以下の子」には、妊娠中の場合も含みます。
※「中学生以下の子を養育する」場合は、ひとり親も含みます。

○世帯の種類とは?

(1) 移住世帯とは?
 御夫婦のいずれも、市内に一度も居住したことがなく、これから初めて転入しようとする世帯。
(2) 貸家世帯とは?
 御夫婦のいずれかが、市外に3年以上継続して在住していた後に市内の貸家等に転入し、かつ、5年未満の世帯。
(3) Uターン世帯とは?
 御夫婦のいずれかが、過去に市内に在住し、市外へ転出後、再度市内へ転入しようとする世帯で、かつ、転出から申請時まで3年が経過している世帯。

共通要件

◆ 市内定住を目的に住宅(中古住宅にあっては土地と建物の購入金額が500万円以上の場合に限る)を取得する方。
 
世帯全員に市税(転入前の場合は、現住の市区町村税)の滞納がないこと。
 取得した住宅の所有権は、住宅居住者が2分の1以上を有すること。
◆ 決定通知後に工事(売買)契約し、令和3年3月10日までに実績報告書を提出できる方
 なお、工事施工業者(住宅購入先業者)の所在地要件はありません。

注意点!

次の場合は、補助の対象外となりますので、十分に御注意ください。
 取得する住宅について、他の補助金、利子補給事業等を受ける場合。
 この補助金を利用した場合、すまい給付金は利用できませんので、御注意ください。

 公共工事の建物移転補償を受ける場合。
 申請前に契約している場合。

 ※詳細は必ず事前にご確認をお願いいたします。 

手続きの流れと提出書類は次のとおりです。

交付申請【1】 

市から交付決定通知を送付

工事(売買)契約

完成(売買完了)

転入(転居)

実績報告【2】

市から確定通知を送付

交付金請求【3】

指定口座へお振込み

続区分
提出書類
【1】交付申請  1 子育て世代定住促進交付金申請書(様式第1号)
 2 持家住宅の新築工事(売買)の見積書の写し
 3 持家住宅の位置図及び平面図
 4 工事着工前の建築現場の写真(売買にあっては住宅の写真)
 5 住民票の謄本
 6 誓約書(様式第1号の2)又は戸籍の附票
 7 申請者の世帯のうち、市長が指定する者の納税証明書
 8 その他市長が必要と認める書類
【2】実績報告  1 子育て世代定住促進交付金実績報告書(様式第5号)
 2 建設工事請負契約書の写し
(購入にあっては住宅取得価格を示す 売買契約書の写し)
 3 持家住宅の不動産登記事項証明書
(中古住宅で土地を購入した場合は、土地のものも含む)
 4 住民票の謄本
 5 工事完成後の写真
 6 その他市長が必要と認める書類
【3】交付金請求  1 子育て世代定住促進交付金請求書(様式第7号)
 
2 実績報告書と同時に提出可