南陽市建築物耐震改修促進計画

 「南陽市建築物耐震改修促進計画」は、市民の生命や財産を保護するため、地震による建築物の倒壊等の被害を最小限に抑え、既存建築物等の耐震性向上策として、国、県及び市が連携しつつ耐震診断や改修等を総合的かつ計画的に促進するための基本的な枠組みを定めることを目的として、平成21年1月に市が策定しました。その後、平成26年5月、令和2年4月に改定したものです。
 
本計画は、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」及び「山形県建築物耐震改修促進計画」に基づき、「南陽市地域防災計画」を上位計画として、既存建築物の耐震改修に関する施策の基本的な方向性を示すものです。
 計画詳細については、関連ファイル「南陽市建築物耐震改修促進計画(令和2年4月改定)」
をご覧ください。
 なお、市内持家住宅での「耐震診断」、「耐震改修工事」を実施する場合は、市補助事業(一定の申込み要件あり)がありますので、建築住宅係までお問い合わせください。