子育て支援医療制度について


  子育て支援を宣言している南陽市では、児童福祉の充実を図る観点から少子化対策に重点をおいています。0歳から中学3年生までのお子さんが、医療機関を受診した際に支払う自己負担額の全額を助成する制度です。

 対象者

    0歳から中学3年生

 助成内容

   保険の給付対象となる医療費の自己負担額が無料になります。
  (入院時の食事代、保険適用外の医療費は対象外)

 医療証について

 出生や転入などにより申請をいただくと該当する医療証が交付されます。
 
 ▼0歳~小学3年生
 有効期限が誕生月の月末(1日生まれの方は前月)までの医療証が交付されます。新しい医療証は有効期限までに郵送になります。       

 ▼小学4年~中学3年生
 
【外来】
 
学年ごとの医療証(外来用)が交付になります。一度申請をいただくと新しい医療証は年度末に郵送になります。 
 【入院】
 入院用の医療証が必要になります。入院の際は交付申請をしてください。有効期限は誕生月の月末(1日生まれは前月)までになり、更新する場合は手続が必要になります。

 ▼申請時に必要なもの
  ・お子さんの保険証
  ・印鑑
  (3歳以上のお子さんで、転入したり保護者(被保険者)が市外在住の場合には、保護者の所得証明が必要になる場合があります。)
 
 *医療証の交付を受けないと医療費の助成が受けられませんのでご注意ください。