子育て世代包括支援センター

子育て世代包括支援センター
   ~妊娠・出産・子育てを応援します~
 
場所:市役所1階すこやか子育て課内

1.母子手帳を毎日(土日祝日除く)交付します
2.妊娠・出産・育児に関する相談をいつでも受け付けます
3.市の子育てに関する情報についてお知らせします
4.助産師による母乳相談を受け付けます
 ・毎週火曜日、金曜日(予約優先)
    
☆いつでもお気軽にご相談ください 

南陽市子育て世代包括支援センター 
 

妊娠~出産まで、切れ目なくサポートします

市では、妊娠・出産・子育ての総合窓口となる「子育て世代包括支援センター」を開設しています。センターでは、保健師や助産師がいつでも相談に応じ、妊娠期~出産~子育て期まで、切れ目のないサポートを行います。主な支援の内容は次のとおりです。
支援の流れ ▼母子健康手帳・妊婦健康診査受診券(一般健診14回分・超音波検査4回分・子宮頸がん検診・感染症検査等)交付
保健師・助産師が面接し、妊娠中の過ごし方等についてお話します。
▼3人っ子妊娠確定前診療費助成(上限1万円)
第3子以降の妊娠確定前の診療費用について助成します。
▼両親学級(妊娠中の不安解消のお手伝い)
プレパパの妊婦体験、簡単レシピの紹介、妊娠中の栄養や妊娠期の過ごし方、母乳についてのお話、赤ちゃんのお風呂の入れ方等をします。
▼すこやか赤ちゃんギフト
出生時に住民登録のある赤ちゃんに木製のいすやプレート、つみ木をプレゼント。
赤ちゃんが生まれたら、出生日を含む14日以内に市民課市民係へ出生届を提出しましょう。あわせて、乳幼児医療証の交付、児童手当申請等の手続きも必要です。また、南陽市では中学校3年生まで外来医療費が無料となっています。
▼赤ちゃん訪問
保健師が出生した市内の赤ちゃん全員のお宅を訪問し、母子の健康状態を確認して、健診や予防接種などの育児情報をお伝えします。(おおむね4か月までの赤ちゃんが対象)
▼予防接種助成(乳幼児期の定期接種については全て無料です)
▼母乳相談
母乳に関する不安や悩みのある方を対象に、助産師が個別相談を行います(毎週火・金曜日、予約優先)。必要に応じて置賜総合病院の母乳相談を紹介します。
▼乳幼児健康相談
地域子育て支援センターは保育士が常勤しており、ママや子ども同士の交流もできます。保健師・栄養士が月1回訪問し、子育てに関する相談や情報を伝えています。
▼おひさま広場
ハイジアパーク南陽の屋内遊具室で月1回開催しています、子育て相談、身長・体重測定も行います。(入浴する方は入館料が必要です)
▼ママとベビーの体操教室(6~8か月の赤ちゃん対象、ベビーマッサージもします)
▼ごっくんくらぶ(離乳食実習 5~9か月の赤ちゃん対象)※託児あり。
▼各種健診、健康相談
3~4か月児健診、1歳児健康相談、1歳6か月児健診、2歳児歯っぴー教室(2歳・2歳6か月児対象)、3歳児健診(3歳6か月児対象)があります。詳細については、該当者に事前にお知らせします。
〈更新日:平成31年4月 1日〉