南陽市公共下水道接続促進助成金制度について

 市では、新たに下水道が使えるようになった区域における早期の下水道接続と整備済区域の未接続世帯解消のため、下水道排水設備工事費用の一部を助成する制度を開始しました。
最大20万円(工事費用の1/2を上限とする)の助成が受けられます。詳しくは上下水道課給排水係へお問い合わせください。


南陽市公共下水道接続促進助成金制度の概要

対象者
 自宅を新たに下水道へ接続する方で、市税、下水道受益者負担金、水道料金等に未納がない、次のいずれかに該当する方(新築、建替え、一部接続、法人所有の建物、貸家・事業所等は対象外となります)。
1. 下水道供用開始から3年を経過していない建物の所有者
2. 排水設備設置期限延期申請書を提出・受理されている建物の所有者(相続した場合を含む)
3. 下水道未接続の自宅を第三者から取得して3年を経過していない方
4. 上記以外の下水道未接続建物を所有している方
なお、建物の所有者とは登記上の所有者を指します。

対象工事
既存の建物(自宅)のトイレと水回りすべてを新たに下水道へ接続するために行う排水設備設置工事
(便槽・浄化槽撤去工事を含む。既存水洗便器の取替、水道工事は含みません。)
排水設備工事は市の指定下水道排水設備工事店へ依頼してください。

助成額
対象工事費の1/2を上限に、次の区分にて助成します。
1. 対象者の1.~3.に該当する方
 合併浄化槽設置建物の工事 上限10万円
 汲み取り便所、単独浄化槽設置建物の工事 上限20万円
2. 対象者の4.に該当する方
 一律上限5万円
工事費用は建物によって異なるため、市の指定下水道排水設備工事店へ見積もりを依頼してください。
下水道融資あっせん制度を利用される場合は、本制度による助成を受けることはできません。
他の補助金等を利用される場合は、助成対象とならないことがありますのでご注意ください。

申請先 上下水道課給排水係(南陽市水道庁舎)

令和3年度以降に工事に着手する方が対象です。
助成を受けるためには、工事着手の前に申請する必要がありますので、事前にご相談ください。