請願・陳情の手続き

請願のしくみ

1  請願とは
請願とは、住民が国会や地方議会に対して、「~してほしい」と文書によって希望を述べるもの
です。いつでも誰でも要件さえ満たしていれば請願することができます。

(1)要件とは

   邦文であること。
   請願の趣旨が記載されていること。
   提出年月日が記載されていること。
     請願者の住所及び氏名が記載されていること。
     押印されていること
     紹介議員1名以上の記名・押印がされていること。

2  請願の取り扱い

(1)受理された請願は、定例会の本会議において関係委員会に付託され、委員会において慎重に 
    審査されます。

(2)委員会において審査された結果が、委員会報告として本会議において報告され、報告のとおり
    決定していいか全議員に諮られます。

(3)本会議において決定された結果が、議会の意思として、市長及び関係省庁へ意見書として
     (意見書送付を求めるものについて)送付されることになります。

3  ご注意ください

(1)請願の内容が2件以上にわたるときは、1件ごとに提出してください。

(2)道路・河川・用水等は、場所を示す図面、参考資料等を添付してください。

(3)請願提出期限があります。提出がおくれた場合には次の定例会で審議されることになります。
     期限についてはお問い合わせください。

4 請願の様式(参考)

注 画面右上に請願の様式をのせております。この様式でなければ受付できないということは
   ありません。参考までにごらんください。



陳情のしくみ

1 陳情とは
陳情とは、要望・要請・決議・嘆願等を総称していい、住民が国会や地方議会に 対して、「~してほしい」と文書によって希望を述べるものです。
要件が定められていないことが、請願との大きな違いです。

2 陳情の取り扱い

(1)南陽市議会において受理された陳情は、住民の要望を全議員に知ってもらい議会審議に
  役立てようと、全議員に陳情書の写しが配布されます。

注  陳情には、請願のように「採択・不採択」との議会の意思決定をすることを義務づけられて
   いないため、内容により審査についての取り扱いが決められます。

注  詳しくは議会事務局(0238-40-3211内線303)または議員までお問い合わせください。