選挙人名簿

選挙権を持つ人を登録、調査
公正な選挙のための大切な制度です。

選挙権を持っていても、実際に投票するためには、市区町村の選挙管理委員会が管理する名簿に登録されていなければなりません。この名簿のことを選挙人名簿といいます。選挙人名簿はすべての選挙に共通して使われます。これは、正しい選挙を円滑に行うための、大切な制度です。

1 被登録者資格
 選挙人名簿に登録されるのは、その市区町村に住所を持つ、年齢満18歳以上の日本国民で、その住民票がつくられた日(他の市区町村からの転入者は転入届をした日)から引き続き3力月以上、その市区町村の住民基本台帳に記録されている人です。

2 登録
 選挙人名簿への登録は、毎年3月、6月、9月、12月(登録月)の1日に定期的に行われるとともに(定時登録)、選挙が行われる場合にも行われます(選挙時登録)。いったん登録されると、抹消されない限り永久に有効なため、名簿は「永久選挙人名簿」とも呼ばれます。

3 閲覧
 選挙人名簿は、常に選挙人の目に触れさせることで正確さを期せるよう、その抄本を閲覧できるように定められています。
 なお、公職選挙法の一部改正により、選挙人名簿登録時の縦覧制度は廃止され、個人情報の保護に配慮した規定が整備されている閲覧制度に一本化されました。(平成29年6月1日施行)
 具体的には、次のような場合に閲覧できます。
(1)選挙人名簿の登録の有無を確認するために閲覧する場合
(2)公職の候補者等、政党その他の政治団体が、政治活動(選挙運動を含む)を行うために閲覧する場合
(3)統計調査、世論調査、学術研究その他の調査研究で公益性が高いと認められるもののうち政治・選挙に関するものを実施するために閲覧する場合

 ただし、選挙期日の公示日または告示日から選挙期日の5日後までの間は閲覧できません。
 閲覧を希望する場合は、事前に選挙管理委員会事務局にお問い合わせください。 

4 登録の抹消
 選挙人名簿に登録されている人が、次の事項にあてはまった時は、その人は名簿から抹消されます。
(1)死亡、または日本国籍を喪失したとき、ただちに抹消されます。
(2)転出したときはすぐには抹消せず、転出したことを表示しておいて、転出日から4カ月を経過したときに抹消します。
(3)登録の際に、登録されるべき者でなかったとき、ただちに抹消します。
 ※選挙権を停止された人の場合は、抹消されるのではなく、その旨の表示がされます。
  選挙権を回復すれば、その表示は消されます。




【更新日:平成29年6月19日】