国民年金 学生納付特例

学生納付特例制度
20
歳以上の学生で、本人と配偶者の前年所得が基準額以下の場合、申請によって保険料の納付が猶予されます。
免除の承認期間は4月から翌年3月までです。

手続きに必要なもの
(1)年金手帳
(2)印鑑
(3)学生証の写しまたは在学証明書(今年度発行のもの)
  学生証は、有効期間が書いてあるものの写しが必要です。

学生納付特例は、老齢基礎年金の受給資格要件には算入されますが、年金額には反映されません。
満額の老齢基礎年金を受けるためにも、保険料の追納をおすすめします。
10年以内であれば、保険料を追納することができます。


(更新日:平成28年1月4日)