南陽市新水道ビジョン

 本市の水道事業は、「南陽市水道ビジョン」策定から10年が経過し、将来の給水人口の減少や施設の老朽化、大震災対策等、大きな課題を抱えています。このため、「南陽市水道ビジョン」を見直し、厚生労働省の新水道ビジョン及び県の水道ビジョンの考え方を反映した「南陽市新水道ビジョン」を策定し、「持続」・「安全」・「強靭」に関する50年、100年後の理想像を掲げ、水道の基盤強化に向けた取り組みを推進していきます。
策定までの経緯
 本市では、平成21年3月に「南陽市水道ビジョン」を策定し、「安全性の確保を第一に、お客様ニーズを把握し、一歩先行くサービスの提供を目指すとともに、効率的経営による料金の低廉化の方策を検討しながら、課題に取り組む」ことを基本理念に掲げ、各種施策に取り組んできました。
  その後、人口減少社会の到来や平成23年3月11日の東日本大震災の発生により、これまでの水道を取り巻く環境が大きく変化してきました。
  厚生労働省では、平成20年7月改訂の「水道ビジョン」を抜本的に見直し、新たなビジョンを掲げて挑戦する「新水道ビジョン」を平成25年3月に策定公表しました。
 山形県では平成30年3月に、厚生労働省の新水道ビジョンに掲げられた「安全」・「強靱」・「持続」の理念に基づいた「山形県水道ビジョン」を基本構想(昭和53年策定)の改訂版として策定しました。
 これらを踏まえ「南陽市水道ビジョン」を見直し、厚生労働省の新水道ビジョン及び県の水道ビジョンの考え方を反映した「南陽市新水道ビジョン」を策定するものです

※「南陽市水道ビジョン」「南陽市新水道ビジョン」「南陽市新水道ビジョン(概要版)」は関連ファイルをご覧ください。