Q: 土地の適正な価格を知るには?

Q. 質問

土地の適正な価格を知るには?

A. 回答

【建設課】

毎年1月1日を価格判定日として地価公示法に基づき国が公表している「公示価格」、7月1日を価格判定日として県が公表している地価調査の「標準価格」があり、これらの価格が一般の土地取引の指標、公共用地の買収価格等の基準となる地価です。

この他、国税庁が発表している相続税・贈与税のための「路線価」、市が固定資産税の評価のために算定している「固定資産税評価」があります。

路線価は地価公示価格の8割程度、固定資産税評価は地価公示価格の7割程度とされています。

なお、地価公示法に基づき国が公表している「公示価格」、県が公表している地価調査の「標準価格」は市報でお知らせしていますが、建設課にて閲覧することもできます。

【FAQの目次に戻る】