地域包括支援センター

地域包括支援センターとは

地域で暮らす高齢のみなさんを、介護、福祉、健康、医療などさまざまな面から総合的に支えるために設けられました。地域包括支援センターには保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員等の専門職がおり、それぞれの専門性を活かしながらチームとして支援を行います。相談は無料で、相談者のプライバシーは守ります。

主な業務内容

(1)総合相談支援業務
  地域の高齢のみなさんやその家族、近隣に暮らす方のさまざまな悩みや問題に対し、訪問、電話、来所などで相談にあたり適切な機関、制度、サービスにつなぎます。

(2)権利擁護業務
  地域の高齢のみなさんが安心して自分らしくいきいきと暮らし続けられるように、様々な権利を守る支援を行います。成年後見制度の紹介や虐待を早期発見したり、消費者被害に対応します。

(3)介護予防ケアマネジメント支援業務
  介護保険制度で、要支援認定を受けている高齢者の介護予防支援計画書を作成し、介護予防サービスの利用調整を行います。また、介護が必要となるおそれが高い人(二次予防対象者)が介護予防教室を利用する際にも、必要時介護予防サービス支援計画書を作成し自立した生活が送れるように支援します。