ふるさと納税とは

【ふるさと納税制度とは】

 ふるさと納税制度とは、「ふるさと」に対し貢献したい、応援したいという想いをかたちにするため、地方自治体に寄附した場合、個人住民税や所得税を一定限度まで控除するものです。
 また、寄附先は出身地に限らず、自由に選ぶことができ、好きな地域を応援するという側面を持っています。

 

【税制上の取り扱い】

「ふるさと納税」は、ふるさとへの寄附金です。

 個人住民税の納税義務のある方が、地方自治体へ寄附をし、確定申告をした場合に、原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が所得税と居住地の住民税から控除されます。

(全額控除される寄附金額には、収入や家族構成等に応じて一定の上限があります。)

 

【確定申告が不要になる制度がスタート】

 ふるさと納税を行い、所得税・住民税から控除を受けるためには、原則として確定申告をする必要があります。

 平成27年4月、本来確定申告を行う必要がなかった給与所得者等については、ふるさと納税を行う際にあらかじめ申請することで確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」がスタートしました。

 ただし、適用を受けられるのは、ふるさと納税を行う自治体の数が5団体以内である場合に限られます。

※その他詳細は、関連リンク「ふるさと納税ポータルサイト」(総務省)をご覧ください。