南陽市公共施設等総合管理計画を策定しました。

市民のみなさまへ

 

南陽市公共施設等総合管理計画を策定しました。


本市は、昭和42年の市政施行以来、建物やインフラ施設など、社会資本整備を着実に進めてきました。しかし現在においては、建設から30年以上を経過している建物を多数保有していることから、今後施設の更新が必要となっています。
一方、人口減少・少子高齢化社会に入り、歳出構造が変化しておりこれらの施設の更新がままならないことが全国的に予想され、本市もこの問題に直面しています。市民の財産である公共施設やインフラ施設などを持続可能な形で次世代に引き継いでいくため、今後の本市を取り巻く現況や将来の見通しを分析し、これを踏まえた公共施設等の基本的な 管理の方針を定める「南陽市公共施設等総合管理計画」を策定しました。

今後はこの基本方針に基づき、市民の皆さんのご意見をいただきながら、長期的な視点をもって、公共施設等の総合的な最適化を進めてまいります。

基本方針の内容については、関連ファイルを参照ください。また、公共施設のあり方についてのご意見やご要望をお寄せください。
 

 

「アクションプラン」を作成しました。


平成29年3月に策定した「南陽市公共施設等総合管理計画」の実効性を高める観点から、公共施設等の更新時期等を見据えた上で、平成29年度から5年間の管理方針を盛り込んだアクションプランを作成しました。
今後、本市の人口推移や財政状況を踏まえてアクションプランを推進し、施設等の更新費用の増加抑制、財政負担の縮減・平準化を図るとともに、公共施設等の最適な配置の実現を図っていきます。
また、まちづくりの進捗状況や社会情勢の変化に柔軟に対応するため、随時本プランを見直していきます。

アクションプランの内容については、関連ファイルを参照ください。また、公共施設のあり方についてのご意見やご要望をお寄せください。  (平成30年4月20日)