インフルエンザが流行しています

令和2年1月15日、県は今シーズン2度目のインフルエンザ注意報を発令しました。

今後も予防のための手洗い、せきエチケット、適切なマスク着用、適度な湿度管理を心がけましょう。
また、突然の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等の全身症状、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状がみられた場合には、早めに医療機関を受診しましょう。

※インフルエンザ警報発令等の基準(一定点医療機関(県内46か所)からの患者報告数)と今シーズンの発令日
[注意報発令]基準:報告数10人以上、発令日:令和元年12月18日 
[警報発令]基準:報告数30人以上、発令日:令和2年1月8日
[警報解除]基準:報告数10人未満、解除日:令和2年1月10日